大学で学べるものは?

明けましておめでとうございます。

1月に入り、通信教育の大学では説明会のシーズンが始まりました。

通信教育の大学では、春と秋に入学者を募集するところが多く、
この時期は、春入学の募集のために各地で説明会が実施されるのです。

一般の大学に関しても、地方から都内に進学する人は多いでしょうが、
通信教育の場合、地方から都内に決めても、普段は地元で仕事をしながら通信教育で勉強し、スクーリングの時だけ大学に行けば良いので、自宅からの距離に関係なく進学先を決める事ができるのです。

もちろん、進学先の事をよく知る事が重要です。

そのために、全国で開かれる説明会が便利なのです。

特に、今月・来月開催される公益財団法人私立大学通信教育協会の「春季合同説明会」は、
私立の通信制大学が多く集まるので、
通信教育で学ぼうと考えている方はぜひ参加してほしい説明会です。

また、通信教育で学びたいと考えている方の中には、
大卒の資格が欲しいという方ばかりではないでしょう。

実は教養のため、仕事のキャリアアップのため、
様々な理由で学びたい方も通信制大学を選んでいるのです。

そういう人の場合、学びたい科目以外に履修科目が多すぎるという問題も起こって来るのです。

通信制は安いとは言え、必要のない科目が多すぎるのはムダともいえます。

実は、各地の大学は卒業を目指すだけでなく、
様々な教養講座や育成プログラムを実践しています。

学びたい事を検索すれば、希望する講座を開講している大学があるかもしれません。

Comments are disabled