早稲田大学人間科学部eスクール

今回はご紹介する通信教育の大学は「早稲田大学人間科学部eスクール」です。

通信教育の大学というと、レポート、スクーリング、科目試験で単位をとっていくわけですが、スクーリングや科目試験で通学する事がかなりの負担になっている人もいます。

入学する時には、スクーリングについてもわかってはいても、
思ったように休みがとれない、希望のスクーリング期間に受けたい科目のスクーリングがないという事も起こり得るのです。

とはいってもレポート提出ばかりでも困ります。

通信教育でのレポート提出というのは授業を受けずにテキストを読んで、自分一人でレポートを書かなければなりません。

そして、そのレポートを大学に送り、添削してもらって初めて指導が始まるのです。

やはり、一般の通信教育の大学で学ぶって事は難しいですよね。

そんななか、スクーリングがほとんどない大学や、
e-ラーニングで授業が受けられるといった大学が増えてきているそうです。

インターネットが通信教育で活用できるのです。

早稲田大学人間科学部eスクールは、スクーリングを除くほとんどの課程をe-ラーニングで行う日本初の通信教育課程だという事です。

2003年に始まり、これまで1100名以上の卒業生を送り出したそうです。

講義の受講をはじめ、BBSでの質問・議論・レポート提出、小テストまで全てインターネットで行われるそうです。

カリキュラムをみると、「データを読む力」「統計的に分析する手法」を基礎から段階的に学ぶ「データリテラシー」などのリテラシー科目、人間科学基礎科目、専門科目、専門ゼミなどがあります。

Comments are disabled