好きな科目を学ぶ

通信教育の大学を選ぶという事はどういう事でしょうか。

通信教育の大学で学ぶという事は、大学卒業のみが目的の人ばかりではないでしょう。

もちろん、一般の大学に行く代わりに通信教育で大卒資格を取ろうとしている人もいるでしょうが、資格のため、あるいは学びたい科目があり、通信教育の大学を選んだという人もいるのです。

例えば、八洲学園大学では、興味のある科目を1科目から学ぶ事ができるシステムになっています。

働きながら、あるいは家事や子育てをしながら学びたいという人のために、
このような門戸を開いているのです。

八洲学園大学には約200の学べる科目がありますが、
こういったコースを選ぶ場合、通学の必要はなく、全て在宅学習で授業を受ける事が可能です。

テーマが12の領域に分かれていて、その中から学びたい科目を選ぶことができます。

1つの領域を中心に学ぶ事もできますが、領域に捕らわれず学ぶ事も可能です。

12のテーマは、倫理学や人間と宗教など「哲学・思想」、「社会や文化とのつながりを考える」「現代社会について考える」「文学や古典」「環境について」「文章力や思考力を鍛える」「情報技術について」「身近な法律を学ぶ」「仕事に役立つ法律」、ビジネススキルや実践マーケティングなど「仕事力を上げる」といったテーマです。

スクーリング履修科目とテキスト履修科目があり、
テキスト科目については、一般的な通信制と同じく、テキストを読み進め、レポートを出し、科目試験に合格して単位を取ります。
スクーリング履修科目は、決められた日時に自宅、あるいは八洲学園大学のパソコンで授業を受ける事で単位を取る事ができるそうです。

Comments are disabled