Category Archives: 未分類

通信教育の大学の探し方

通信教育の大学をどうやって選びますか。

最近は、高校や大学も通信教育で学ぶ人が増えています。
インターネットの発達により、
通信教育でも、昔よりずっと授業が受けやすくなっているのではないでしょうか。

紙媒体の添削だけでなく、Web授業も可能なので、
通信教育の大学でも様々な教授の授業を受ける事ができるのです。
つまり通信教育といえども、教授から大学を選ぶ事も可能です。

そこで、通信制大学の選び方も、一般大学と同じ方法でもまずは、考えてみましょう。

どこの大学に行きたいか、何がやりたいか、
だれの講義が受けたいのか・・・・

もう一度自分が一番大切に考えなければならないものを元に、
大学選びをしてみましょう。

例えば名物教授の本を読んでみましょう。

Amazonには、池上彰著の「池上彰の講義の時間 高校生からわかる資本論」や、
小熊 英二著の「社会を変えるには (講談社現代新書)」、
高橋 源一郎 著の「日本文学盛衰史 (講談社文庫)」が並んでいます。

同じくAmazonでは、自分の興味を知る方法、
分野別に探す方法として役に立つものも紹介されています。

文学・社会学系では、
「雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール」
「子どもと声に出して読みたい・実語教」

法学・政治系では、 PHPビジネス新書の「伝える力」があがっています。

他にも経済・経営・商学系、人文・教養・総合学部系、国際・外国語系、
理学系、工学系、建築・芸術学系、医療・健康・スポーツ系と、
様々な分野の書籍から自分の進むべき道を考える助けになるのではないかと思われる本が紹介されています。

Category: 未分類

社会人の大学受験

通信教育は、高校課程までだとあまり一般的ではなく少々後ろめたいことのようにも感じられていますが、大学に関しては珍しいことでもなくなりましたね。
大学生ともなるとプレ社会人とも考えられる年齢ですから、忙しくしている合い間に通信教育を受ける人は少なくありません。

大学の通信教育が一般的なことになりつつある背景には、プレ社会人に限らず、正真正銘の社会人も利用していることが挙げられるでしょう。
特にここ近年はスキルアップや生涯学習の意識が高まってきており、社会人として企業に勤めながらも更なる能力開発を目指して大学を受験する人が多くなってきています。
ただ、すでに親の脛を齧っているわけにはいかない年齢ということもあり、仕事を完全に辞めるわけにもいきません。
そこで重宝されているのが通信教育の大学というわけです。

社会人が通信教育の大学を受験するためには、実はそれほど根を詰めての勉強は必要ありません。
ほとんどの大学が書類審査、小論文、面接のみを試験内容としているのです。
学力試験を設けているところでも、科目数は一般入試に比べてはるかに少なくなっています。
これは、普段仕事を頑張っている社会人に対する配慮とも考えられれば、既に世に出ている大人としての力を測るための内容とも考えられるかもしれません。
つまり、大学が社会人に求めているのは学力ではなく、目的意識や学習意欲ということです。

しかし、このような背景があるとはいっても、社会人で通信教育を受ける人がごまんと溢れ返っているのかというとそんなこともありませんね。
外国では通信教育の大学を受ける社会人が多い国もありますが、そんなところに比べると日本ではまだまだ少ない方なのです。

Category: 未分類

通信教育の大学と就職

通信教育の大学を経て、社会人として活躍されている方はたくさんおられます。
就職をするにあたっては、社会的には通学の方の方が評価が高いようです。

その理由のひとつに、社会に出て働くということは社会的に対応できるかどうかが重要になりますので、そういった社会性の評価問題もあるかと思います。
また、通学の方は受験勉強を経験していますので、偏差値というのも考慮されるでしょう。
受験に対して勉強したという努力も認められるということでしょう。

それに対して仕事をしながら、通信教育の大学に通っている方もたくさんおられますが、そういった場合は働きながら学んでいる方の評価はとても高いそうです。
皆さんもご存知のとおり、仕事をしながら、通信教育の大学で学ぶことは大変なことですからね。

通信教育の大学を選ぶときに、何を得たいか、どんな資格を取得したいかが大事になってくかと思います。

よく、卒業しやすい通信教育の大学を選択したらどうかという話を聞きますが、そういった選び方はどうかと思います。通信教育の大学の卒業率を参考にするのはいいですが、とりあえず大学卒業という目的だけの方はあまりいらっしゃらないのでは。。。と思います。
学びたいことがあり、したい仕事があり目標があるから通信教育の大学で学ぼうと思うんじゃないかと思います。
また、そういった目標がないのに、通信教育の大学を卒業するのはとても難しいとは思います。

とりあえず・・・といった考えで通信教育の大学を卒業出来るほど、甘いものではないでしょうね。

Category: 未分類

通信教育の大学事情について

通信教育と言えば在宅学習などといったものをイメージする人が多いかと思うのですが、実際には高校や大学などの学校を指している場合も多いですよね。

通信教育といえど、最近ではバカにできないくらい色々と力を入れた学習法を取り入れている大学なんかも沢山ありますし、何よりもこの就職難の手助けとなる、資格の取得に力を入れている大学や高校も非常に多いです。

私の母校では、最近調理師免許が取れるようになったのだそうです。そうなれば、その後はそのままそっちの道へ進み、更に食物栄養系の専門学校などに行って栄養士などの資格も取ることができれば、もう道は決まったようなものですよね。

そして私達が通っていた当時なんかは、ワープロ検定などを受けることができましたが、今となってはそんなワープロの資格もあってないようなもの。いまどき就職の際に役に立つ資格だとは言えません。

このようにただ資格と言っても道によって色々な資格に求める理由も違いますし、時代の流れによって意味をなさなくなったものもあると思います。

今IT企業に勤めたいという考えを持っている人達なら、そのジャンルによっても必要となる資格は違うかもしれませんが、プログラミングができる程の力を持っている人だと有利な場合が多いですよね。

最近では美容系全般の中から好きなジャンルを専攻して学べる通信教育の学校なんかもありますが、やっぱり人気なのがヘアメイクやネイル関係だそう。ですが美容師とは違うのでネイルなんかだと国家資格ではありません。資格を持っていない人でも店を持つことができるわけですから、別に持っていなくても大丈夫なのです。

ただ、独立したりどこかのサロンに勤める際には、あった方が「信用」の面で役に立つと思われます。(働いてからは資格うんぬんよりも実践がモノをいう世界でしょうけどね。)

このように、自分が将来進みたい道にはどういった資格があれば有利か、どういった資格は意味がないと言えるのか、ちゃんと見極めてそれを指導してくれるような通信教育の大学を見つけてくださいね。

就職難の今だから、ビジネスに強い通信教育を

こんにちは。今日は最近の通信教育の傾向についてお話ししていきます。
近年、学生の就職難がよく報道されていますね。過去にも何度か就職氷河期と呼ばれる時代がありましたが、今回のレベルは先のものよりもかなり状態が悪く、若者がなかなか職に就けない、という状況が続いているようですね。最近は、製造業などを中心に企業の業績がどんどん回復してきている、なんていう明るいニュースもちらほら見られますが、やっぱり景気の先行きは不透明で、企業の採用担当もかなり慎重になっている様子。日本を代表する製造業でもある、トヨタ自動車やホンダなどの大手企業などは、今年度ではなら、来年、2011年春の新卒採用計画にチカラを入れているようで、今年の採用はかなりタイトに絞っているようですね。学生にとっては非常に厳しい状況です。

そういった中、通信教育の大学においても、将来の就職を意識する傾向が強くなってきているようです。
具体的には、実際の企業や団体などの協力を得て、ビジネス系に強い授業内容やプログラムを活用することで、人材開発、人材育成を行っているようですよ。
もちろん、その中には資格取得関連の講座もあり、現役で活躍しているコンサルタントや有資格者を講師として招いて、生徒たちに指導している学校もあるようです。資格取得をめざす中で、ナマの声を聞けるというのは、とても有益なことですよね。通信教育の大学に通いたい!そう思っている人にとっては、ビジネスでより活かせる方法を考えてみるのも大切なことかもしれません。